エクササイズ紹介

リセットエクササイズはストレッチ系とエクササイズ系に分かれています。双方を行う事で相乗効果となり、筋肉と関節が柔らかくなり、筋力も発揮しやすい状態になります。

その中でストレッチ系の代表的なメニューをご紹介致します。

どんなスポーツにおいても、ストレッチを行うべき部位は肩甲骨と股関節のまわりです。左右差を確認しながら10回程度を目安に行い、必要に応じでセット数を加減して下さい。

肩甲骨と股関節のまわりにある筋肉のストレッチ系メニュー

肩甲骨の動きを良くするストレッチ 1

  1. 両手を後頭部に組んで下さい。  
  2. 上半身を左右に10回回転させます。

背骨を中心に回しましょう。

肩甲骨の動きを良くするストレッチ 2

  1. 左手を上に伸ばして右斜め前に倒します。
  2. 右手も同様に左斜め前に倒します。   

片方の背中(広背筋)がストレッチされる方向を探しましょう。反動をつけても、10秒程度静止してもどちらでも良いです。

肩甲骨の動きを良くするストレッチ 3

  1. 後頭部で両手を組みます。       
  2. 左のお尻の方に重心を移動します。   
  3. 次いで右のお尻の方に重心を移動します。

肩や肘は水平を保って下さい。○印の部分を特に意識して動かしましょう。

太ももの内側とお尻の筋肉のストレッチ

  1. 右足を伸ばして座り、上半身を前に傾けます。○印の部分がストレッチされる方向へ傾けましょう。
  2. 右のお尻をストレッチします。                               

静止していても良いし、反動をつけても良いです。10秒程度維持するか、10回程度反復して下さい。骨盤をなるべく前傾する事と左右差を確認しながら行う事がポイントです。

股関節周囲の筋肉のストレッチ

  1. あおむけの姿勢から片脚を曲げておきます。足をベッドから離さず、ゆっくりと脚を開きます。
  2. 次いでゆっくりと脚を閉じます。                            

ゆっくりとしたペースで止まらずに行って下さい。

脚のつけ根部分のストレッチ

  1. 椅子や台、あるいは階段に足を乗せる。骨盤や上半身は正面を向くようにする。右足のつま先は真横を向くように置く。
  2. 乗せた足の方に重心を移動する。○印付近の筋肉がストレッチされていれば良い。                 

身体の向きを調節し○印の場所がストレッチできる姿勢を工夫して下さい。